deviceSTYLE コーヒーメーカー Brunopasso PCA-10X

Brunopasso PCA-10Xは、ハンドドリップの味わいの実現を目指すべく、従来のドリップ式コーヒーメーカーの基本動作を根本的に見直したハイスペック構造でありながら、誰もが購入しやすい普及価格帯での製品化を初めて実現した、全く新しいコーヒーメーカーです。


Brunopasso PCA-10Xの主な特徴


●適正温度で湯沸かし

抽出前に約95℃までお湯を沸かします。

●適正スピードで抽出

雑味を避け旨みを抽出する適正速度で抽出します。

●適正温度で保温

抽出後、約80℃で40分間保温します。

●オートパワーオフ機能

抽出後約40分で電源が自動的に切れる安全設計です。

●パーマネントフィルター付属

何度も使えるメッシュフィルター付属しています。

●アイスコーヒーも楽しめる

水タンク目盛りに合わせてアイスコーヒーもお楽しみいただけます。

 
「パーマネントフィルター」何度も使えるメッシュフィルター付属。ペーパーフィルターも使えます。



 
一般的なドリップ式コーヒーメーカーは、底部のヒーターで“お湯を沸かしながら抽出する”ため、ハンドドリップのように“最適な温度にお湯を沸かし、適正なスピードで抽出する”事が困難でした。
そのため、お湯が熱すぎたり、コーヒー粉がお湯に長い間浸りすぎて雑味が出るなどの欠点がありました。
Brunopasso PCA-10Xは、従来のドリップ式コーヒーメーカーとは全く異なり、ハンドドリップと同じ動作工程を経ることにより、雑味を防ぎコーヒーの旨み成分を可能な限り抽出ます。
 

スタートボタンを押すと、抽出を始める前にお湯を沸かし始めます。
お湯の温度が約95℃に達した時点で抽出が始まり、10杯分のコーヒーであれば一般的に適正だと言われる速度である約6分強のスピードで抽出し終わり、理想的なコーヒーが仕上がります。
 そのまま保温する場合でも煮詰まりにくい約80℃の温度をキープします。
(煮詰まりを防ぐため、保温時間は最大40分です。)
 

製品仕様

種類/ドリップ式
本体寸法/W196×H420×D240(mm)
本体重量/2.9kg
定格電圧/周波数/100V 50/60Hz
消費電力/1000W
タンク容量/1.3L
電源コード長/1m
付属品/パーマネントフィルター ×1、計量スプーン ×1


故障かな?と思われる前

 機器が動作しないなどの故障かな?と思われる症状があるときは、まず下の表の原因をご確認ください。症状が改善されない場合、お買い上げの販売店または直接弊社にご連絡ください。
 

電源が入らない。
● 電源コードがコンセントにキチッと差し込まれていない。
コーヒーがフィルターホルダーから漏れ出す。
●フィルターホルダーが正しく装着されていない。
●ガラスポットがベースプレートに確実にセットされていない。
コーヒーが抽出されない。
●ガラスポットがベースプレートに確実にセットされていない。
●フィルターホルダーが正しく装着されていない。
コーヒーが極端に薄い。
●ペーパーフィルターがフィルターホルダーの側面に沿ってキチッとセットされていない。
ガラスポットを外した後でも抽出口からコーヒーが洩れる。
●フィルターホルダーのパッドが痛んでいる。(フィルターホルダーの交換が必要ですデバイスタイルカスタマーサポートセンターにご相談ください。)
レギュラーコーヒーができるまでの時間が長くなった。
●コーヒーメーカーのパイプに水垢がたまっている。水垢の除去が必要です。
 コーヒーがぬるい
●コーヒーの飲み頃温度は75℃~80℃です。本機はおいしく抽出し、飲み頃の温度に仕上がるように設計されています。より熱い温度をお好みの場合は別の容器で温めてお飲みください。

■お問合わせはこちらから

▼下記「お問い合わせフォーム」をクリックして下さい。フォームが起動します。

「お問い合わせフォーム」
お気軽にお問合わせ下さい。

※フォームが起動しない場合、下記リンクよりお問合わせページへ移動して下さい。
http://devicestyle.co.jp/mailform/